ページの先頭です

防火対策

[2013年5月16日]

消火器の準備

一般家庭に消火器の設置義務はありませんが、1本は置いておきたいものです。「国家検定・合格証」のマークがついたものを購入し、次の点に注意して、もしもの場合に備えましょう。

  1. とりやすく目につきやすい所に置く
  2. 水や雨の掛かる所や湿気の多い所に置かない
  3. 直射日光の当たる所には置かない
  4. 熱が直接本体に伝わる所に置かない

※悪質訪問販売に注意しましょう。消防本部(署)では、消火器の販売は行っていません。

住宅火災 いのちを守る 7つのポイント-3つの習慣・4つの対策-

3つの習慣

  • 寝たばこは、絶対やめる。
  • ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。
  • ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

4つの対策

  • 逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。
  • 寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。
  • 火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。
  • お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

住宅用火災警報器を設置しましょう。

1.全ての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。

  新築住宅については、平成18年6月1日から、

  既存住宅については、平成20年5月31日までに設置してください。

ご意見をお聞かせください

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

消防本部消防業務課予防係

電話: 048-722-8115 ファクス: 048-722-8132

電話の際は、今一度電話番号をご確認いただき、お掛け間違いのないようお願いいたします。

お問い合わせフォーム