ページの先頭です
伊奈町

スマートフォン表示用の情報をスキップ

学校開放講座 (公開講座)の参加者を募集します

[2019年8月29日]

ID:4695

学校開放講座(公開講座)の参加者を募集します


会  場:日本薬科大学各講義室
対  象:町内在住・在勤で18歳以上の方
申  込:9月2日(月曜日)より電話にて受付(申込締切り日は講座の前日まで)
電話番号:048ー721ー2111(内線2542)


※昨年度の様子
 《高血圧や心不全などの病気と塩分(ナトリウムイオン)の関係について》
          《屠蘇散作成実習》

講座紹介


健康食品の正しい選び方・使い方
 開催日 10月26日(土曜日)
 時間 10時から正午
 会場日本薬科大学 311教室
 参加費無料
定員
50名
 講師 中島 孝則 教授
 学習内容健康食品は健康増進に役立つのでしょうか?健康食品とは何か、お薬との違い、種類、正しい使用法と使用上の注意等分かりやすくお話させて頂きます。
認知症って予防できるの
 開催日 11月10日(日曜日)
 時間  午前10時から正午
 会場
 日本薬科大学 214教室
 参加費 無料
 定員  50名
講師
松田 佳和 教授
 学習内容私たちは、“認知症を予防して、健康寿命を延ばす”ことを目的とした研究を行っています。その過程で、ブタの肝臓に含まれている物質が動物実験等で認知機能を高めることを見出しました。そこで、ブタの肝臓を食べやすいように粉末化し、カプセルに充填した食品を使って、臨床的に評価したところ、認知症機能の向上を示唆する結果が得られました。また、詳細に解析することによって、“気持ちの塞ぎ込み”にも効果がある可能性が考えられました。この注目した物質ですが、実は卵や大豆にも含まれています。11月10日は、私たちの研究結果と和食による健康管理についてお話したいと考えています。
冬を乗り切る漢方~自家製お屠蘇で新年を迎えましょう~
 開催日 

 12月21日(土曜日)

 時間  午前10時から正午
 会場 日本薬科大学(724教室)
 参加費100円
 定員  32名
 講師
 山路 誠一 教授
 持参品  エプロン(あれば三角巾)、筆記用具
 学習内容

 元旦に飲む縁起物「お屠蘇」は、さまざまな生薬を組み合わせたものです。お屠蘇の由来を学びつつ、実際に屠蘇散を自作し、冬を乗り越える漢方の知恵を備えてお正月に備えませんか?

1、お屠蘇を自作しましょう。

お屠蘇は屠蘇散という中国に伝わる漢方処方の1つです。「屠蘇」には、健康を願って身体に害をもたらす邪を屠るという意味があるお薬でもありました。日本に伝わるお屠蘇の由来を学びつつ、実際に作成します。


2、お屠蘇の試飲




【注意事項】

受講は、申し込みをされたご本人に限ります。他の方に譲ることはできません。参加確定後のキャンセルは、参加費を負担していただく場合があります。

学校開放講座のチラシです。ダウンロードしてごらんください。

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

伊奈町役場生涯学習課生涯学習係

電話: 048-721-2111(内線2541,2542)

ファクス: 048-721-4851

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム