ページの先頭です

平成30年度国民健康保険税の納税通知書について

[2018年7月9日]

  平成30年度の国民健康保険税の納税通知書は、7月6日(金曜日)に発送しました。

  なお、あて所不明などにより配達できずに役場へ返送される場合がありますので、7月13日を過ぎても納税通知書が届かない方は、保険医療課へ問い合わせてください。


1 納税義務者

  世帯主が納税義務者になります。世帯主が職場の健康保険に加入している場合でも、家族のどなたかが国民健康保険に加入していれば、世帯主に納税通知書を送付します。


2 保険税額(平成30年度)

(1)医療保険分(対象:加入者全員)

  医療保険分は、加入する方が医療機関にかかるために使う費用で、次のアおよびイの合計金額により算定されます。 ただし、上限は54万円となります。

   ア 所得割額 (平成29年中の所得金額-基礎控除額33万円)×7.6%

   イ 均等割額 国保加入者数×22,800円


(2)後期高齢者支援分(対象:加入者全員)

  後期高齢者支援分は、75歳以上の方の保険(後期高齢者医療制度)を支えるための費用で、次のアおよびイの合計金額により算定されます。 ただし、上限は19万円となります。

   ア 所得割額 (平成29年中の所得金額-基礎控除額33万円)×2.3%

   イ 均等割額 国保加入者数×8,800円


(3)介護保険分(対象:40歳以上65歳未満の加入者)

  介護保険分は、国保加入者の介護保険料分で、次のアおよびイの合計金額により算定されます。 ただし、上限は16万円となります。

   ア 所得割額 (平成29年中の所得金額-基礎控除額33万円)×1.6%

   イ 均等割額 国保加入者数×10,800円


3 納期(平成30年度)

  国民健康保険税は4月1日を基準日として計算し、4月から3月までの1年度分を普通徴収(納付書または口座振替)または特別徴収(年金天引き)により納付いただきます。


(1)普通徴収(納付書または口座振替)の方

各 納 期 限
第 1 期 第 2 期 第 3 期 第 4 期

7 月 3 1 日

8 月 3 1 日

1 0 月 1 日

1 0 月 3 1 日

第 5 期 第 6 期 第 7 期 第 8 期

1 1 月 3 0 日

1 2 月 2 5 日

1 月 3 1 日

2 月 2 8 日



(2)特別徴収(年金天引き)の方

仮 徴 収 ( 4 月 ・ 6 月 ・ 8 月 )
第 1 期 第 2 期 第 3 期

4 月

6 月

8 月

※すでに特別徴収している方の各月の仮徴収額は、平成30年2月に年金から天引きした国民健康保険税と同額となり

  ます。


本 徴 収 ( 1 0 月 ・ 1 2 月 ・ 2 月 )
第 4 期 第 5 期 第 6 期

1 0 月

1 2 月

2 月 

※各月の本徴収額は、年税額から、仮徴収分(第1期から第3期まで)を差し引いた残額を、残りの納期(第4期から第6

  期まで)に分けた額になります。


特別徴収(年金天引き)の対象者

  65歳から74歳までの世帯主の方で、次のアからエまでのすべてに当てはまる方の国民健康保険税は、原則、偶数月(年6回)に支払われる世帯主の年金から引き落とされます。

   ア 世帯主が国民健康保険の被保険者となっていること

   イ 世帯内の国民健康保険の被保険者の方全員が65歳以上75歳未満であること

   ウ 特別徴収(年金天引き)の対象となる年金額が18万円以上であること

   エ 国民健康保険税と介護保険料を合算した額が、特別徴収(年金天引き)の対象となる年金額の

      2分の1以内であること

ご意見をお聞かせください

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

保険医療課国民健康保険係

電話: 048-721-2111(内線2171,2172) ファクス: 048-721-2137

電話の際は、今一度電話番号をご確認いただき、お掛け間違いのないようお願いいたします。

お問い合わせフォーム


平成30年度国民健康保険税の納税通知書についてへの別ルート